Natiho Toyota  

 

 

豊田奈千甫

関西を拠点にコンテンポラリーダンス、演劇、パフォーマンス、アートインスタレーションや映像の音楽を制作。

「Dance Company BABY-Q」、ノンバーバルパフォーマンス公演「ギア」、東野祥子ソロダンス 「VACUUM ZONE」、インスタレーション「プロジェクト・ノオトオン」、大阪HEPホールプロデュース『ハムレット」などの音楽を担当。 エレクトロニカ、ロック、ジャズ、アンビエント、ノイズ、民族音楽などを昇華し、空間を立体的に考察したサウンドデザインを行う。

ソロライブではPCとドラム、パーカッションを使って演奏し、画家やパフォーマー、映像作家、ライブミュージシャンともセッションを重ねる。


NATIHO TOYOTA

NATIHO TOYOTA is residing in Osaka,Japan. She produces music for contemporary dance, theatre performance, art installation and visual. 
She designs sounds that dimensionally consider the space.

She composed music of “Baby-Q Dance Company ", Nonverbal Performance "Gear", YOKO Higashino Solo Dance "VACUUM ZONE", Installation art "Project NOTONE”, drama"Hamlet"that sponsored Osaka HEPHALL.

 

 

TOP

PROFILE

NEWS

PERFORMANCE

MUSIC

CONTACT