Natiho Toyota  

 

 

豊田奈千甫  NATIHO TOYOTA


関西を拠点にコンテンポラリーダンス、演劇、アートインスタレーションや映像の音楽を制作。
2000年から2006年まで「Dance Company BABY-Q」の音楽を担当。その後ノンバーバルパフォーマンス公演「ギア」、 東野祥子ソロダンス 「VACUUM ZONE」、インスタレーション「プロジェクト・ノオトオン」、大阪HEPホールプロデュース『ハムレット」などの音楽を制作。ELECTRONICA、AMBIENT、NOISEなどを昇華し、空間を立体的に考察したサウンドデザインを行う。

2009年から2015年までポストロックバンド『WATER FAI』にドラマーとして参加。

ソロライブではPC+ドラム、パーカッションを使って演奏し、画家やパフォーマー、映像作家、ライブミュージシャンともセッションを重ねる。 

 

 

TOP

BIOGRAPHY

NEWS

STAGE

MUSIC

CONTACT